京都花日記
コンデジフォトで綴る花咲く京都(奈良)、万博公園の散策日記です since.2005.07.01
紅梅 / 京都・雲龍院
16Blog8691.jpg
泉涌寺の塔頭雲龍院。「れんげの間」の雪見障子の4つの窓は、椿・灯篭・楓・松とそれぞれ違う絵を眺めることができ、丸い「悟りの窓」は、季節ごとの風景が楽しめるそうです。この時季は紅梅が咲いていてとても綺麗でした(^^)

16Blog8711.jpg


16Blog8731.jpg


16Blog8741.jpg


16Blog8751.jpg


16Blog8761.jpg


16Blog8771.jpg


16Blog8791.jpg


16Blog8801.jpg
(2016.2月下旬 X2) 頭の体操・・・ひらがなは何と読むんでしょうか?教えてくださ-い!(^^)ありがとうございました。

にほんブログ村!

スポンサーサイト
コメント
おもしろい!
すばらしい庭園、うっとりですね!
砂で菊の紋を作ってあるのがおしゃれだなあ~。
「ち」が五個・・・稚児
「も」が五個・・・いつも
「の」が三個・・・飲み
「た」が八個・・・たや

「稚児の酒いつも飲みたや」
という意味だそうですね。
こういう謎かけも洒落てますねー。
http://京都のitベンチャーで働く女の写真日記.com/kiji.html?entry=2012-03-18-01
↑ ここに書いてありました。

勉強になりました。ありがとうございます♪

2016/02/29(月) 08:50:06 | URL | 佳音 #m84aBXLc[ 編集 ]
ここは静かでほんとに綺麗なところでした。
稚児の酒いつものみたや・・こう読むんですね。ありがとうございました。他でもメール等で教えてくださったりして助かりました。
左の漢字のほうは「禁酒」のようで、ここはお酒の好きな方が多かったようですね(^^)
2016/02/29(月) 14:36:32 | URL | Mini #ELD9pjOg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック